Android Studioとは? 初心者目線でやさしく解説

Android Studio
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アプリを作ってみたいけど、何をどうしたらいいのか分からない」という方を対象に、Android Studioの使い方を初心者目線で細かく解説していきます。

ししまる
ししまる

アプリ開発するならAndroid studio使えって聞いたけど、本当?

もっち
もっち

もし、アプリを作ってみたいと思っているならAndroid studioを使ってみて損はないと思うよ。詳しくは下にまとめてあるから、興味があったらチェックしてみて!

スポンサーリンク

Android Studioとは

Android Studioは、Google社が2014年12月8日に正式バージョンをリリースしたAndroidプラットフォーム向けアプリケーションソフトウェア開発用の統合開発環境(IDE)です。

Android Studioの特徴、メリットを徹底解説

プログラミングの勉強ができる。

Android StudioはJava、Kotlin、C++というプログラミング言語を使用可能です。アプリ開発を学びながらプログラミング言語を習得可能なのでウェブやシステム開発の敷地が低くなり就職活動にも強くなります。

*当連載では、Javaを使ってAndroid Studioの使い方を解説していきます。

アプリ開発が簡単

上記しましたが、Android Studioはソフトウェアの統合的な開発環境です。本来は、アプリを開発してリリースをするまでにたくさんの工程を積むことになりますが、Android StudioにはGrableなど様々なツールが内蔵されております。ここでは細かくは書きませんが、ソースファイルのコンパイルやライブラリの依存関係の管理など、多く事をAndroid Studioで行うことが可能です。

Androidの開発に強い

当然といえば当然ですが、Androidの開発はメチャ強いです。Androidのスマホ、Androidのタブレットに加えてAndroid TV, Android Wear等々、Android搭載のものならほとんどと言ってもいいほど開発可能です。

最後に

Android Studioを使いこなせるようになればAndroidアプリの開発が出来るようになり、アプリ開発者としての道が開けます。このブログの連載でもAndroid Studioの使い方を解説していきます。一緒にAndroid Studioを使ってアプリを作れるようになりましょう!

次の記事

Android Studioのインストール・日本語化

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました